このブログを検索

2020年12月16日水曜日

石元泰博「伝統と近代」、井津建郎「Eternal Light」

 東京も冷えてきた一日でしたが二つの写真展を廻りました。どちらもゼラチンシルバープリントの表現を極限まで突き詰めたプロフェッショナルの作品です。

石元泰博「伝統と近代」 (東京オペラシティアートギャラリー)

都写美と並んだ生誕百年記念展もいよいよ終盤。作家の造形力に圧倒される展示です。桂や伊勢神宮といった大作より、初期の金網などをモチーフにした多重露光作品などにすごさを感じました。
最後の年譜には師であるハリー・キャラハンを囲んだ、石元やメツカーたちの写真があり、ニュー・バウハウスに集まった作家たちの共通の美学を改めて感じた次第。

新宿から御茶ノ水へ。学生時代から通いなれた聖橋口がすっかり変わっていてまごつきました。
で、ギャラリー・バウハウスの井津建郎「Eternal Light」展へ。

インドで撮影した生と死のポートレートともいうべき写真群です。幸運にも作家が在廊しておられ、いろいろとお話を聞くことが出来ました。
これほど深い黒の表現がどうすれば可能なのか、いささかぶしつけな質問をしたところ、フィルムや印画紙は市販のものだが、特殊な印画紙現像液を使っておられるとのこと。ネガを見てからプリントを仕上げるまで、せいぜい1~2枚焼けば自分のイメージになるという、神業のようなことをさらりとおっしゃる。「経験を繰り返せば、あるとき自転車に乗れるようになるのと同じくらい簡単にできるようになる。」とも。うーむ。



2020年11月18日水曜日

千代田路子写真展 「私は彼女と長い夢をみる」

 六本木アマンドの角を曲がり、芋洗坂を下ったところにあるストライプハウスギャラリーを初めて訪ねました。千代田路子さんの写真展を拝見するのは昨年に続いて二度目ですが、今回は広島にあるという修道院を舞台にした作品群です。(11月20日まで)


 

写真はすべてスクエア、展示も左右対称を意識しているようで、深い祈りと敬意が伝わってきます。
修道院の写真というと奈良原一高の「王国」を連想してしまうのですが、ここでは黙想する人の視点が中心となっているようです。
お経のように折りたためる写真集も、内容にマッチしています。
ギャラリーの外観もおしゃれです。

西麻布のギャラリーE&Mまでは歩いて20分ほど。午後の当番に間に合いました。

2020年11月12日木曜日

石元泰博 ヴィヴィアン・マイヤー

写真展の会場であるギャラリーE&M西麻布から徒歩圏?にある二つの写真展にいきました。

東京都写真美術館では、入り口で体温チェックを受けて入場。石元泰博の写真は何回観ても新たな発見があります。例えば「シカゴ こども」と題されたシリーズのNo.6は、着飾って星条旗を持つ黒人少女、それをちらっと見おろす白人女性の視線、そして石元の視線は交わらない。1960年という時代は今以上にこの視線は離れていたと思われるのですが、本質は今も変わっていないようです。それにしても作者の瞬間的な造形力は圧倒的です。

さて、6時で我々の写真展がクローズしてから、骨董通りを少し歩いてヴィヴィアン・マイヤー日本初個展と銘打たれた「Self portraits」(11月28日まで)へ。会場はAkio Nagasawa Gallery Aoyamaで初めて行く場所です。写真展の看板も出ていないので、まさに知る人ぞ知るところ。

ヴィヴィアン・マイヤーは数年前に突然有名になった伝説の写真家ですが、そのプリントを観るのは初めてです。作者自身も(おそらく)プリントをしていないにもかかわらず、どうしてこれだけの作品を生み出すことが出来たのか驚異的です。

石元とマイヤーはほぼ同じ時代にアメリカの市井を撮影していますが、もちろんお互いを知っていたはずはありません。そこにはどこか共通した視点が感じられるようです。


2020年11月10日火曜日

写真展スタート

11月10日からいよいよ写真展が始まりました。今年は残念ながらオープニングパーティも、そしてギャラリートークもできない事態となってしまいました。

快晴で急に寒くなりましたが、多くのかたにご来場いただきました。






2020年11月9日月曜日

写真展搬入

11月8日、研究会のメインイベント・写真展の準備を行いました。

レーザー水準器を使うと、額の展示も効率的です。
感染が懸念される季節となったので、使い捨て鉛筆などで対策しました。

展示作業も2時間ほどで終了しました。
いよいよ10日火曜日からオープンです。


2020年10月26日月曜日

写真展巡り

秋晴れのさわやかな土曜日、都内のギャラリーを巡りました。

まず、PGIの圓井義典展「天象(アパリシオン)」。日常のなにげない風景と、意味ありげな花のアップが並んでいます。ギャラリーの解説には「事物と作者の関わりの結果としての画像の羅列、一般的な意味に交換できないスナップショットの連なりに、見ている私たちは知らず識らずそこから一つの意味を見出そうとするはずです。」とあります。写真一点ずつではなく、そのつながりを読み取ることが求められているようです。かなり難しい・・・

麻布十番駅から四ツ谷に出てポートレートギャラリーの「トリプレットの会」展。三枚組のクラシックなレンズで三人の作家が撮影したゼラチンシルバープリントが並んでいます。都会の中で、木漏れ日をとらえたショットなどは美しいものでした。
骨董通りのギャラリーストークスでは服部一人「Days in Africa」。現地で何年も暮らして撮影したという力作。アグファの印画紙がなくなると知って買い占め、冷凍保存しておくほどのこだわりを持つ作家です。
天気が良いので六本木通りから渋谷を通り越し、池尻大橋のモノクロームギャラリーレインまで歩きました。泉大悟 「Gelatin Silver Print」 展。おもにヨーロッパの街角でとらえた光が主役です。静謐なイメージはハマースホイを思わせるものもあり、楽しめました。
ギャラリーで道順を教えてもらい、さらに下北沢までも歩いてみました。表参道から通算すると60分以上は歩いたことになります。一日中マスクを着けていても、さわやかな気候のおかげで気持ちよく歩くことが出来ました。




 


2020年10月18日日曜日

浪漫の系譜 梅野亮展

 写真展用のプリント作業で暗室に入っていると、旧会員のYさんから展覧会の図録が届きました。梅野亮という未知の画家の展覧会で、東御市(とうみし)梅野記念絵画館という、長野県の上田に近い美術館で来年1月まで開催中とのことです。

添えられたお手紙によると、この画家はYさんの高校時代の親友で、「人生で唯一天才だと思った」人だそうです。図録に見る肖像画の多くは青い目を大きく見開き、どこか遠くを凝視しているようです。
Yさんは写真のみならず美術史にも造詣が深く、しゃべりだすと機関銃のように豊富な知識がほとばしる人です。そのYさんをして天才と言わしめた画家の作品は素晴らしいものでしょう。
展覧会には関連の作家も展示されており、美術には疎い私でも聞き覚えのある有本利夫や小杉小二郎といった名前が見えます。そしてYさんの写真も!

信州の秋はこれからが見ごろでしょうか。