このブログを検索

2021年10月15日金曜日

春日広隆写真展 CUBA

 10月も半ばとなり、コロナも落ち着いてきた金曜の午後、表参道の GALLERY 5610に春日広隆氏の写真展を訪ねました。

キューバの街や人々を明るい色調で捉えた、今までとは少しイメージの変わった作品を楽しみました。

お話を聞くと、自分の記憶にある色を追及し、まさにそれが創作だと楽しんでおられるご様子でした。

なかでも、家々の壁の鮮やかなデザインを切り取った小品に、その魅力が凝縮しているようでした。

11月末には同じ会場でグループ展を開催されるとか。そのエネルギーにも感服します。

2021年9月28日火曜日

甲斐義明著 「ありのままのイメージ」

 「スナップ美学と日本写真史」というサブタイトルの分厚い本を一気に読みました。とてもスリリングで示唆に富んだ写真論です。いままで漠然と「スナップショット」というくくりで捉えていた写真たちも、それを成り立たせた社会の状況や価値観・ハードウエアの進化・そして何より撮影する側とされる側との関係など、多面的な分析がされています。

たとえば第4から5章では戦中戦後のプロやアマチュアの状況が考察されています。

何十年もの時を隔てて振り返ると「絶対非演出」という価値観が尊重されてきたのが不思議にも思えます。国策プロパガンダに協力したことへの反省から、土門たちが主唱した態度だということです。報道写真が「ヤラセ」を避けることは(表向きは)当然としても、アマチュアまでにも深く影響したことは興味深いことです。当時の「生活綴り方」との共通性を指摘する指摘も新鮮でした。そうだとすればこの価値観や美学は日本特有の現象なのでしょうか? 大多数のアマチュア写真家にとって都会(の貧しい部分)を撮ることが、大自然などより手近で簡単・キャンディッド写真のスリルを楽しめたという指摘も新鮮です。

本書のキーワードの一つでもある「窃視」が「盗撮」と言葉を変えてより日常化しているのは、その伝統なのでしょうか?

レッスンプロが、主としてカメラ雑誌を舞台にアマチュアを指導するという構図は、お茶や生け花などとそれほど変わらない趣味の世界の出来事だったのでしょう。

同時代のスターでもあった名取や木村が、戦争協力の経歴を棚に上げて平和を説いたり、カルティエ=ブレッソンと同列に扱われるようにしたことなど、思わず笑えるような指摘もあります。

本書の守備範囲は膨大で、とても全部は紹介しきれませんが、刊行時期がアサヒカメラや日本カメラという老舗写真雑誌の退場と同時期だったのは偶然とは思えません。

2021年9月15日水曜日

Exposure Value

 研究会では新たなゾーンシステム解説のパンフレットを編集していますが、その過程で気になることがありました。

そのひとつに「EV(Exposure Value)」について、単体露出計を使いマニュアル露出を行う研究会のなかでも認識に違いがあることに気づきました。

なかでも「EVはISO感度100で撮影するときの絞りとシャッターを表す数値」だという考えがありました。EVは絞りとシャッターの組み合わせを表すことに間違いはないのですが、ISO100に限定しているわけではありません。なぜこのようになったのでしょうか?

ひとつの推測として、ゾーンシステムで必須アイテムであるスポット露出計が考えられます。現在市販されているデジタルのスポット露出計は、ファインダーを覗いてスイッチを押せば、EVが表示されます。フィルムの感度は予め露出計にセットしておくので、被写体の明るさは同じでも、感度が変われば当然EVも変わります。

一方、むかしのペンタックス・スポットメーターでは同様にファインダーで数字を読み取りますが、その値はフィルムの感度を切り替えても一定のままです。読み取った数値を本体の計算ダイヤルに移し、そこでフィルムの感度を加味して絞りとシャッターを読み取ることになっています。

フィルムの感度設定によってファインダーの表示が変化するようなカラクリは、当時の技術ではむずかしかったのでしょう。

そのため、ペンタックスのファインダーで読み取った数値を「EV」と混同することがおきてしまったようです。(あくまで推測ですが)

改めてネットで検索してみると、ずいぶんいい加減な解説が目につきます。なかには「EV=TV+AV-ISO値」などという珍説もありました。

デジタルカメラは自動露出が当然なのでEVの知識がなくても支障はないでしょう。しかし銀塩写真の普及を願う身としては、正しい認識を広めたいと思うようになりました。

2021年3月30日火曜日

小穴式ルーペ

 新聞小説を読む習慣はあまりないのですが、3月28日の朝日新聞に載っていた池澤夏樹の「また会う日まで」をみていて「東京帝大の小穴純君」という記述が目に入りました。

東京大学の駒場博物館で「小穴純とレンズの世界」という展示を見たのがもう10年以上むかしの2009年でした。年譜によると、帝大の講師であった昭和9年、26歳の時に「南洋ローソップ島において日食観察」とあるので、小説に描かれているのはこのときのことなのでしょう。戦前の、しかも南の島のことで、観測の準備も大変だったと想像されます。

で、白黒写真をプリントをする人が必ずと言ってよいほどお世話になるのが「小穴式ピントルーペ」。これ以上のものはもう作られることはないでしょう。調べてみるとすでに製造は打ち切られているようで、残念です。


2021年3月27日土曜日

Super Resolution

 Photoshopの新しい機能に Super Resolution なるものが出てきました。Camera Rawで編集するときに「強化」※を選択すると解像度が2倍になるという謳い文句です。つまりデジタルカメラの画素数が4倍になる魔法のような機能です。ちなみに一度強化した画像をさらに強化することはできません。

ビネガーシンドロームで寿命がきたネガをデジタル化していますが、ひどく変形してしまうとスキャナーのネガキャリヤに入らなくなります。そこでガラス製のネガキャリヤに挟み、ライトボックス上でデジタル一眼で複写してみました。2600万画素フルサイズ機に50mmマクロレンズをつけて撮影し、Super Resolution を適用すると一億画素を超えます。 


これを2400dpiのフィルムスキャナーと比較してみると、まあまあの勝負です。(例はビネガーではない、新しいネガ。左側がカメラ撮影、中央は左のデータにSuper Resolutionを適用したもの、右側がフィルムスキャナー使用)
下の写真はネガの全体です。

ブローニー以下のフィルムのデジタル化には十分使えそうです。

※ Intensifyを「強化」と訳したのでしょうが、個人的にはもう一工夫ほしかったという気もします。ファイル名にも自動的に「***強化」 とつきます。

イメージ・インテンシファイアは(光電子)増倍デバイスと訳されていたので、「強化」よりは「増倍」や「倍増」のほうがぴったりきます。文字通り解像度を「倍増」しているのですから。

2021年3月25日木曜日

コロナの花見 その2

 だんだん暖かくなり、都内の桜も満開になってきたようです。それにつれてリバウンドが気になります。

週末はあまり天気もよくないようなので、はたしてどうなりますか…

2021年3月17日水曜日

コロナの花見

 東京都でも桜が開花し春になってきました。近所の公園を歩くとちらほらと咲いています。

コロナが収まってくれるとよいのですが、下げ止まりどころか増加に転じてきたようです。都立の公園では花見の宴会をさせないように、柵で囲っています。

「長屋の花見」のように、お茶けやたくあんで酔ったマネをするのもダメでしょうか?

酒柱がたつとよいのですが...